カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
恋あじ(800g/6〜8枚)【冷凍】
3,780円(税込)
購入数

恋あじ(800g/6〜8枚)【冷凍】
3,780円(税込)

最高級のひもの「恋あじ」(800g/6〜8枚)




恋あじ
※冷凍で100 日間保存できます



恋あじ


干物のプロが世界一と自負。
当店一番人気の最高級アジ。


あなたは「干物(ひもの)」をこだわって選んだことはありますか?

魚を干しただけとあなどるなかれ。土佐大月海産のひものは「今までの常識をくつがえす美味しさだ」と言っていただけます。

近年では干物もお肉と同様、「高級で美味しいもの」と「廉価なもの」の二極化が進んで います。当店では最高においしい魚を食べてもらうため、とことんこだわって製造。干 物のプロが納得いくまで味見をし、「おいしい!」と認めたものだけをお届けします。

この本物の味を一度は食べていただきたい!
ご贈答用にもおすすめです。




恋あじ

くさみがないのが特徴。
上品な塩加減は絶品です。


味わって欲しいのはなんといっても「脂ののり」と「臭みのなさ」

しっかり脂がのったアジだけを使うので身はやわらかくジューシー。一口食べれば魚の旨味が口いっぱいに広がります。いやな魚臭さがないのも特徴で、アジ独特のあの香ばしい香りと上品な塩加減がマッチ。

毎年恋焦がれて待ってくださる方からの電話が多いので、「恋あじ」と名付けられまし た。



お客様の声

「今年も待ってました!」
各方面から絶賛の声をいただいています。


当店の干物を食べてくださった方から、お手紙やお電話でたくさんの喜びの言葉をいただいています。
特に「恋あじ」は当店に1 番人気で、

「今年も待ってました!」
「これを食べたらスーパーの干物は食べられませんね。」
「やっぱり大月海産じゃなくっちゃ!」

とたくさんのお声をいただいています。


お客様の声

都会の高級スーパーのバイヤーさんからは「この売り場、全て大月海産の干物にした い」と言われました。
皆様からの温かいお言葉が、私たちにとってなによりの励みになっています!



土佐大月海産のこだわり3か条

一般的に干物屋さんは魚を大量に仕入れ、それを全て干物として加工します。そうしないと採算が合わないから。

しかし大月海産では獲れたものをすべて干物にするようなやり方は絶対にしません。
干物に合った身の質のものだけを1 日でさばける量だけ仕入れ、加工
するのです。
うまくいかないものは絶対に出荷しません

「1 尾1 尾まで目を行き届かせ、本当に美味しいものだけをお届けしたい!」
当社社長の強いこだわりです。



土佐大月海産のおいしさには理由があります
理由その一、養殖だからこそおいしい

管理のいき届いた養殖だからこそ、
最高の脂ののりを実現


アジの干物は脂ののりがとっても重要。
大月海産で扱うアジは宿毛湾の最高の環境で徹底した管理のもと、健康的な飼料を食べて元気に育ちます。3 月〜4 月には脂ののりも安定してよくなり、干物に最高のアジとなります。

ここで必要になってくるのがプロの目利き。ひもののプロが、「今や!」というタイミングで仕入れ、加工するのです。
養殖だからこそ、常に最高の品質を実現できるというわけなんです。


理由その二、水揚げ後30分でまな板の上に

鮮度がすごい!
水揚げ後30 分でまな板の上に。


仕入れた魚はすぐに持ち帰り、衛生管理の行き届いた加工場ですぐにさばきます。港で 活き〆しているのに、包丁を入れると新鮮すぎて筋肉がピクッと動くんです。



理由その三、手間を惜しみません

さばく時にひと手間。
塩あんばいにひと手間。

大月海産の干物がおいしい大きな理由の一つ、手間を惜しまずとことんこだわるところ。正直、ここまでやる干物屋さんはありません。


ポイントは3 つ。



血や内臓を専用のブラシで丁寧に取り除きます。

【1】血や内臓を専用のブラシで丁寧に取り除きます。
これにより、魚独特の臭みがなくなり、身の美味しさをしっかり楽しめるおいしい干物 になります。
干物の美味しさのポイント1

【2】薄めの塩にじっくりと漬けこみます。
大月海産では薄めの塩に通常よりもかなり長い40 時間漬けこみます。これにより、ムラなくまんべんなく味が染み込みます。身の厚い部分も骨の周りの部分もどこをたべてもおいしい理由はこれです。
塩はこだわりの若塩を使用。ミネラルを多く含むので干物が甘塩仕立てのまろやかな味になります。
干物の美味しさのポイント2

【3】各工程で納得いくまで味見。

味見をするときは常に真剣勝負!
乾燥の前、後、納得いくまで何度も味見をします。




世界一と思って作っています


本当においしいお魚を食べて
笑顔になってもらえるのがうれしい。

かつて干物は高級とはかけ離れたもので、魚屋さんが売れ残りを傷まないように干す、そういう食べ物でした。

干物屋に生まれた現社長は、意外にももともと干物嫌い。どうしたらみんなに美味しいと思ってもらえる干物が作れるかを考え始めました

新鮮な魚を使ったり、丁寧に内臓を取ったり、長く研究を重ねてきたことは今の技術につながっています。昭和の時代、全国で初めて干物を真空パックにしたのは実は私たち大月海産です。

昔はブラシで血を取っていたら、「干物にするのに何してるの?」と笑われました。でも自分たちの味を信じ、心を込めてこだわってきたからこそ、多くの方に支えてもらえる干物ができたと確信しています。

原価も高く、手間もかかっているので決して安い商品ではありません。しかし、特にあじ、鯛、ぶりはどこに出しても恥ずかしくない、世界一の味だと思っています。

「大月海産なら間違いなくおいしいから」と言ってもらえる商品です。大切な人への贈り物や、特別な日に自分へのプレゼントとして、ぜひ一度食べてみてください。


HACCP、食品衛生優秀店

土佐大月海産は、「HACCP」や「食品衛生優秀店」などの厳しい衛生審査をクリアしています。

この商品を購入する